産後うつやマタニティーブルーの症状を見逃すな

一人で抱え込まないで産後うつの症状とは

産後うつになりやすい人

医者

出産後に陥る可能性がある病気の一つが産後うつです。産後うつはホルモンバランスが崩れる頃に症状が出るという傾向があります。なりやすい人の特徴としてよくあるのが真面目だということです。

もっと知ろう

イライラや疲労感が出る

目を閉じるウーマン

出産直後の女性の体や心はとてもデリケートです。普段通りの家事や生活を続けながら育児を行なうとストレスを感じて産後うつになることもあります。産後うつになると苛立ちや不安感、慢性的な疲労感に悩まされるでしょう。

もっと知ろう

食欲不振や記憶力の低下

女性

産後うつというとイライラや不安感、倦怠感などを連想するという人が多いでしょう。そういった症状以外にも食欲不振や記憶力の低下、過食などという症状がでることもあるのです。当てはまる症状がないか確認しましょう。

もっと知ろう

環境を整えて予防する

2人の看護師

産後うつで悩む女性はたくさんいます。元気な赤ちゃんを産んで幸せな日々を手にするためにも、しっかりと産後うつの予防をしましょう。予防として効果的なのが周囲の理解を深めるということです。

もっと知ろう

病院での治療方法

カウンセリング

産後うつの症状で悩んでいる場合は、一人で悩まず医師に相談しましょう。精神科や心療内科で産後うつについての相談が行なえます。症状がひどい場合は入院して、ストレスを癒やす時間を取ることになるでしょう。

もっと知ろう

産後に起こる危険な症状

悩む女性

家族や夫婦にとって大きなイベントとなるのが出産です。赤ちゃんの誕生により家族だけでなく周りの人も幸せな気持ちになるでしょう。出産直後というのはそういった幸せな気持ちだけに浸っているわけにはいきません。例えば、出生届けを出したり、家族や親族に報告をしたり、必要な服や道具を揃えなくてはいけないのです。また、出産直後に気をつけなければいけないのは赤ちゃんのことだけではありません。頑張って赤ちゃんを産んだお母さんが産後うつやマタニティーブルーになる可能性もあるのです。
産後うつやマタニティーブルーはどちらも、出産後に似たような症状が現れるので混同されがちです。しかし、この2つには大きな違いがあります。その違いが「病気」として治療が必要なものなのか、自然に治っていくものなのかということです。マタニティーブルーと呼ばれる症状は一般的に病気ではなく自然に改善していくものです。ただし、注意していないとそれが治療しなくてはいけない産後うつの症状へと変化してしまう恐れがあるのです。目安として覚えておくと便利なのが発症するときの機関です。マタニティーブルーの場合は出産後3日前後という早い期間でピークになり、約2週間くらいで自然と症状がよくなるのです。しかし、産後うつの場合は症状が現れるまでに数週間から数カ月という時間がかかります。こういったことから産後うつとマタニティーブルーを区別するといいでしょう。マタニティーブルーが長く続くようであれば産後うつになっている可能性もあるので精神科や心療内科を受診するようにしましょう。産後うつの症状は長い場合1年くらいの間続くこともあるので、気になるときは早めに受診して対策をとることが大切なのです。また、産後うつを放っておくとうつ病に繋がる可能性もあります。そして、ひどい場合は自殺や子どもへの虐待にも発展してしまいます。赤ちゃんを迎えて幸せな時間を過ごすためにも、ストレスを溜め込まないような工夫が必要です。